トップページ > 企業の知財戦略サポート 特許 > 明細書作成

特許:明細書作成

 弊所では、明細書作成にあたり、次のように考えるようにしています(所内研修用「明細書作成マニュアル初級編」より引用)。
 我々がプロとして明細書を作成するからには、強い特許、広い特許を目指すべきことは当然であるが、さらに明細書の読者を念頭において価値を高めるべきである。明細書の読者は、審査官、顧客特許担当者、発明者、そして時には裁判官と多様であるから、それらの全ての読者を意識した明細書を作成することが求められる。

 
  1. 審査官を意識するとは、我々の明細書を読んだ審査官が、そこに書かれている発明が優れたものであり、特許するに値すると思うように書くことである。たとえ、本当は従来技術に比べて進歩の度合いが低くとも、優れた発明に見えるように書くことが必要である。だから、進歩性のレベルが低い発明の明細書ほど、作成には苦労するはずである。
  2. 顧客特許担当者を意識するとは、我々の明細書を読んだ顧客特許担当者が、出願時の打ち合わせ通りに作成されていると理解できるように作るということである。特許担当者は、完成された発明に基づきどのような特許権とするかを、会社の事業範囲をにらんで決定する。その打ち合わせ内容から外れた明細書では、たとえ特許可能性が高くなっても、意味がないことがある。
  3. 発明者を意識するとは、我々が技術的に十分に理解していると発明者が思うようなものを作成することである。技術的に理解していないことが露呈するような明細書は発明者の信頼を失う。
  4. 裁判官は文系人間で、我々が特許成立過程で付き合う特許庁の審査官、審判官とは全く住む世界が異なる。技術者なら行間を補って判ってくれる明細書も、裁判官には理解されないことがある。したがって、裁判官を意識するとは、明細書作成時に想定すべき読者の技術的知識を当業者よりも低めに設定し、技術的な素人に向けて論理的な飛躍を入れずに、噛み砕くよう説明するということである。
 

このページのトップへ