トップページ > 企業の知財戦略サポート 特許 > 鑑定・相談

特許:鑑定・相談

販売中の自社製品に対して、他社から特許侵害の警告を受けた!

ライバル会社が、自社製品を含むような特許を出願していた!

好調な売り上げを上げている自社の主力製品に関連する他社特許が存在していた!

現在、新製品を開発中であるが、気になる他社特許がある。

新規事業を企画しているが、似たような他社特許がある。


自社製品・事業は他社特許に抵触するのか?

どのような回避策があるのか?

他社の特許はどこまで有効か?回避可能か?

他社特許出願は、まだ審査されていないが、このまま成立してしまうのか?

他社特許出願は、審査中だが過去に似た特許があるはずで、こんなに広い特許が成立するはずがないが…

自社特許との関係は?


他社の売れ行き好調な製品の類似品を作って市場参入したいが、特許出願中と書かれている。類似品を製造できるのか?

他社が自社特許を侵害しているかも知れない。警告して実施料を取りたい。


 いずれも、深刻な事態です。

 このような場合、特許発明の技術的範囲を判断することになります。弊所では、特許法の規定(特許法第70条)の正しい解釈と、裁判所の最近の判決動向の正確な理解をベースに専門的見解を提供します。問題解決にご利用下さい。

メールでのご相談はこちらから。

 
 
 

このページのトップへ