トップページ > 所内組織と業務支援体制

所内組織と業務支援体制

組織図

 

所内データベース


 全ての技術スタッフは自らのクライアントマシンから、インターネット上の公開特許情報の商用検索システムを使用できることはもちろん、イントラネット上に構築した顧客様毎の弊所取り扱い案件(未公開を含む)のデータベースから専用検索プログラムによって目的とする関連案件を迅速に検索できるようにしています。
このようにすることで、従来技術・関連出願を迅速に探し出して明細書・図面の作成に利用することができます。このような環境が、出願の迅速対応とコストダウンに寄与しています。

 

業務支援システム

 弊所の業務支援システムは、業務を受任すると、ファイルサーバー中に事件ホルダを作成し、ここに関連ファイルとテンプレートファイルとが転送されます。以後、各担当者の専用ウインドから、進捗管理、案送付管理、手続(出願)管理を行うことができ、管理ウインドからは全担当者の処理状況管理を行うことができます。
また、顧客様のご担当者名、整理番号、弊所の担当者名、整理番号等が記入された送付状等を自動的に作成することができます。

 全ての作業ファイルをファイルサーバーの専用ホルダにおくことで、災害やマシントラブルに強いデータバックアップができ、かつ、担当者の出張・休暇時でも別の所員が状況を把握してお客様の問い合わせに迅速に対応することができます。

この業務支援システムは、長年の業務ノウハウを生かして弊所で独自に開発したものです。

 

図面作成

 弊所の強みの一つに高度な特許図面の作成能力があります。複雑な機構図、大型機械でももちろん可能です。工場内の大型製造設備でも、写真又は図面担当者が現地に出向くことで、判りやすい特許図面を作成することができます。

 
 

このページのトップへ