トップページ > スタッフ紹介

スタッフ紹介 弁護士

 弁理士:牧野 義幸  

弁護士を目指したきっかけ

 弁理士という職業の存在を初めて知ったのは、大学の文学部に在籍中の頃で、当時は毎日、様々な分野の書籍を読みあさっていました。いろんなことを学ぶにつれて、元々、もの創りに興味があったこともあり、自分には文系出身者が一般的進むことの多い仕事よりも、技術系の仕事の方が向いているのではないかと、考えるようになりました。
そんな時に、何かの雑誌で“弁理士”の紹介がされており、文章を書きながら創作の現場に関わることのできる職業の存在を知りました。
そして、自分も「弁理士になりたい。」そう考えるようになり、ならば、ちゃんとした技術の専門分野を身に付けた方がよいであろうと思い、理系の大学で学びなおそうと、文学部を卒業後に、工学部に再入学しました。そして、その大学を卒業する前から現在の特許事務所でお世話になり始め、働きながら弁理士の資格を取ることができました。

依頼に応えられるよう心がけていること

 特許事務所という性質上、多岐多様な分野の企業や個人のお客様より依頼を受けます。先ず、発明者の方や、企業によっては知的財産部等の方と面談をし、取得したいのはどんな権利で、公知技術とは異なる発明のポイントはどこなのか。難しい技術はもちろん、個性的な発想の意図を汲み取りながら、強固な独占権を取得できるように、また、技術文献として明瞭となるように作成することを心がけています。そのため、発明者との打合せには、十分な下準備をして臨むようにしています。その発明の技術分野をできる限り理解して、発明のポイントを明確に記載できるよう努めています。  

 

 
主たる経験分野
電気回路、電子回路、センサ、自動車部品、メカトロニクス、電池
略歴
同志社大学文学部卒業、名古屋工業大学工学部電気情報工学科卒業後、
平成14年暁合同特許事務所へ入所。
平成21年弁理士試験合格、平成22年登録。

 

このページのトップへ