トップページ > スタッフ紹介

スタッフ紹介 弁護士

   弁理士:中山 英明

“特許出願”との出会い

 大学では、有機化学を専攻していましたが、社会に出たら化学の知識を異なる分野で活かしてみたいと思い、ある電線メーカーに入社しました。 そこでは、"FPC"と呼ばれるプリント回路基板の製造、開発などの様々な業務を経験してきましたが、特許に触れるという機会は極めて少なく、あったとしても、社内の知財部に特許調査を依頼したことと、共同発明者の一人として一度だけ出願に携わったことがある程度でした。

弁理士を目指して

 その後、自身のスキルアップも含め、より広く役立つ仕事への想いもあって、弁理士の仕事に興味を持つようになり、弁理士試験を受けようと思い立ちました。受験への勉強を開始したことに伴って、「どうせなら、特許事務所で特許業務を学びながら勉強をしたい」と考えるようになり、
” 暁合同特許事務所”に入所しました。 特許の明細書にはあまりなじみのない状態でのスタートでした。 最初は解らないことばかりでしたが、"暁"の先生方に懇切丁寧に指導をして頂いたおかげで、ほどなく自分の力で明細書作成をすることができるまでになりました。
一つの明細書を完成させたとき、その達成感はとても大きなものがありますが、その反面では、非常に大きな責任感も感じます。 なぜなら、自分の担当した案件が、将来『特許』となって権利化された場合、明細書に記された一言一句が極めて重要な意味を持ってくることになるからです。
このように、自分の担当した案件については、明細書を書き上げることが終わりではなく、その行く末を、最後まで見届けることができるという点においても非常にやりがいのある仕事だと、日々実感しています。

 

弁理士として

 日々、"暁"の技術スタッフとして、明細書の作成をこなしながら、ようやく事務所の一員として役に立てるようになってきたと思えた時に、弁理士試験に合格することができました。
弁理士になってからは、普段の明細書作成に加えて、クライアントとの面談が増えてきており、面談で発明のポイントを抽出することが、大きな業務の一つとなってきています。 特に、面談では発明者と直接話をして、限られた時間内で発明者から発明のポイントを、いかに抽出できるかが重要となります。面談で、クライアントに満足して頂けるような発明発掘ができたときは、この上ない嬉しさがあります。やはり仕事で、クライアントに喜んで頂けた時こそ、弁理士として大変やりがいを感じる瞬間でもあり、さらにいい仕事をするための活力にもなりますね。

 
主たる経験分野
自動車部品(ワイヤーハーネス、コネクタ、端子、バッテリー、内装材、照明装置、シリンダヘッド、デリバリパイプ等)
機械(表面実装機、クリーム半田印刷機、単軸ロボット、電動アクチュエーター、検査装置、画像処理、ディスペンサー、塗工機、光センサ、遊技機等)
電子材料(プリント回路基板、液晶、住宅建材等)
調査、鑑定、無効審判、訴訟、意匠、商標
経歴

京都大学工学部石油化学科卒業、京都大学大学院工学研究科物質エネルギー化学専攻修了後、
電線メーカーにてFPCの生産技術に従事。
平成16年8月に暁合同特許事務所へ入所。
平成21年弁理士試験合格、平成22年弁理士登録。
平成24年特定侵害訴訟代理業務試験合格。


 

このページのトップへ