トップページ > スタッフ紹介

スタッフ紹介 弁護士

 

弁護士の仕事に興味を持ったきっかけ

 私がこの業界で働くきっかけとなったのは、偶然、特許事務所で働く友人が居たことです。その友人からいろいろと話を聞いていくうちに、知的財産の重要性を認識し、出願明細書の内容次第で財産価値が左右される点に非常に興味をもつようになり、自分もこのフィールドで活躍したいと思うようになりました。
 最初に勤務した名古屋の事務所では機械分野を中心に、次に移った東京の事務所ではディスプレイ分野を中心に携わり、平成18年より名古屋に戻り、この事務所に入所しました。

特許をもっと身近に感じてもらいたい

 現在、明細書の作成を主な業務としておりますが、私自身、仕事をする上で重視するのは、明細書のクオリティとスピードのバランスです。特許は、基本的に先に出した者勝ちですが、穴があっては意味がありません。かといって、じっくり時間をかけていては競合他社に先を越されてしまいます。このバランスをとるために重要なのは、発明の本質をいち早く見抜くことだと思っています。ですから、発明者の方との打合せを大切にし、発明に至ったプロセスを十分に理解して、本質を突いた明細書をスピーディに作ることを心掛けています。
 一方、仕事をしていて一番楽しく感じるのは、仕事上の正解を自分で見つけていくところでしょうか。お客様の要求はそれぞれの案件で異なりますからね。教科書には書いてない部分をケースバイケースで考え、工夫していく。そこにこの仕事の醍醐味があると感じます。
 ところでみなさんは、弁理士やこの業界にどんなイメージをお持ちでしょうか。「固そう」とか「閉鎖的」と思っている方も多いのでは?実際は話好きで陽気な人も多く、職場の雰囲気もとてもオープンなんです。だから、少しでも弁理士と業界の開放的なイメージを分かって頂けるようにアピールしていきたい。中小企業の社長様や個人発明家の方にも特許をもっと身近に感じてもらい、今まで以上に気軽にご相談いただける、そんな土壌を築いていきたいと思っています。

 
主たる経験分野
ディスプレイ(液晶、EL等)、有機材料、無機材料、半導体、機械、アミューズメント等、訴訟、意匠、商標
略歴
名古屋工業大学材料工学科卒業、同大学大学院工学研究科前期課程修了。
平成10年に名古屋市の特許事務所に勤務。
平成13年から東京の特許事務所に勤務した後、平成18年に暁合同特許事務所へ入所。
平成17年弁理士登録。
平成21年 特定侵害訴訟代理業務試験合格。
その他の活動
平成22年9月 米国特許事務所において米国特許法短期セミナー参加。

 

このページのトップへ