トップページ > スタッフ紹介

スタッフ紹介 弁護士

 

弁護士の仕事に興味を持ったきっかけ

 私が、特許の世界に興味を持ったのは、最初の勤務先、セラミック関連の製造会社に居た頃でした。そこでは開発業務を担当していたのですが、ある時、印刷工程で利用するある発明を思いつきました。“これは大きな発明だ、特許が取れるぞ!”と興奮気味に会社に出願を打診しましたが、上司は技術的に理解せず、快い返事はもらえませんでした。それなら自分で出願してやろうと考えたのです。特許関係の本を読みあさり、その時、真剣に踏み込んだ特許の世界が面白くて、転職しちゃいました。その時の思いが、弁理士である僕のルーツですね。

顧客の情熱が仕事への情熱と変わる

 この業界に足を踏み入れて30年近く。これまでに電気(モータ、インバータ、モータ制御回路、センサ回路、その他電子回路・コンピュータ応用機器)、ソフトウェア・ビジネスモデル特許、機械(生産設備装置、工作機械、ミシン)、材料(セラミックス、無機材料)、訴訟、ライセンス契約など、実にさまざまな分野の案件に携わってきました。その間、実に多くの発明者に会い、お話を伺いました。面白いもので、最初は“印象の薄い発明だなあ”と思っていても、発明者から直接、発明の背景や苦労した点などを聞いていると、その情熱がこちらにも感染し、“よし、絶対やってやる!”という気持ちに変わってくるんですよね。この仕事で最も大切なのは何と言っても信頼関係。だから常に相手の立場に立って自分のベストを尽くすこと。楽なほうへ逃げないこと。この2つを肝に命じて、お客様に信頼していただける仕事ができるよう心掛けています。
 この仕事のやりがいは、過去の技術のすき間をついてお客様のために権利を獲得したり、論理を駆使して邪魔な権利を取り除いたりする、その醍醐味。一見、小さな発明でも、権利の強さは大発明と同じですから、一つの権利でも企業の命運を左右することもあるのです。大切な発明を見事に特許権として成立させたり、ライバル会社の特許を潰したりしたとき、その結果、お客様から“ありがとう”と言っていただけると、本当に弁理士冥利につきますね。

 

 
主たる経験分野
電気(モータ、インバータ、モータ制御回路、センサ回路、その他電子回路及びコンピュータ応用機器、半導体装置、プリント回路基板)・ソフトウエア・機械(生産設備装置、工作機械、ミシン)・材料(セラミックス、無機材料)・意匠・商標・訴訟・知財経営戦略立案・ライセンス契約
略歴
昭和49年名古屋工業大学卒業後、窯業関係製造会社で開発業務に従事。
昭和53年特許事務所に転職。
大学での専門は無機材料化学。物理化学・電磁気学・電気機械を専門科目として昭和63年弁理士試験合格・登録。
平成1年暁合同特許事務所を設立。
平成15年(第1回)特定侵害訴訟代理業務試験合格。
所外活動
日本弁理士会会員(特許制度運用協議委員会、特許委員会、著作権委員会、海外協力委員会、ソフトウェア委員会等に順次所属、H14・15年度弁理士会常議員、H19・24年度日本弁理士会東海支部副支部長、H25年度日本弁理士会東海支部支部長)
日本国際工業所有権保護協会会員、アジア弁理士協会会員、財団法人日弁連法務研究財団会員、日本知的財産協会「特許法・実用新案法C1コース」研修会講師(東海地区1998〜、関西地区2004〜2005)、発明協会知的財産権シリーズ講習会(実務者編)講師

 

このページのトップへ