トップページ > 知財部門を持たない企業・個人の皆様へ > 特許出願手続と費用

特許出願手続と費用

1特許出願の際の費用は、書類作成手数料(明細書・要約書・図面等)と特許庁に納める印紙代(\15,000)で、難易度や分量により異なりますが、おおよそ合計25〜35万円です。

2「特許」にするには出願するだけでなく、その出願について特許庁に審査を請求すること(審査請求)が必要です。特許庁に支払う印紙代と弊所手数料の合計は、約18万円です。

3首尾よく特許査定になった場合にだけ、成功報酬をお支払い下さい(約10万円)。

4特許性が認められないとの判断に対し、特許庁に反論するには約10万円の費用を要します。

53年分の登録料(約1万円)を納付すると、特許の権利が得られます。登録料を含めかかる費用は約2万円です。

6拒絶理由通知に反論して拒絶査定となった場合には、審判で争うことができます。(費用約25万円)

7権利を存続させるにためは、4年目以降も登録料が必要です。

 

 

このページのトップへ